タイトル画像

売春防止法の主旨

売春防止法は、売春をする女子を加害者とするのではなく、社会の犠牲者として保護しようという主旨で制定されました。

援助交際掲示板ガイド

売春防止法とは?

売春防止法は、1958年に制定された法律で、名前の通り、売春を防止するために作られたものです。

「援助交際」という言葉は、いわゆる「売春」のことですので、売春防止法に抵触することもあります。しかし、売春防止法では、売春(援助交際)そのものに対して罰則はありません。

これは、かつては女子が自分からすすんで売春をすることはほとんどなく、親族や雇い主から売春を強要されることが多かったためです。つまり、売春をする女子を加害者としてとらえるのではなく、犠牲者として保護していこうというもので、処罰すべきは売春をさせる側(管理売春など)であるという考え方です。

売春者本人に対する罰則

売春防止法では、売春そのものは禁止されていますが罰則はありません。つまり、違法ではありますが、事実上のおとがめなしということなのです。

しかし、公衆の目に触れるような方法で勧誘するなどの場合は、罰則があります。出会い系サイトなどでの援助交際の募集の時に、掲示板に堂々と援交相手を求めるような書き込みをすることはこれに当たります。援交の掲示板を使う際は、この点には注意が必要です。

売春を助長する者に対する罰則

売春防止法は元々、売春者本人ではなく、それを管理する側・強要する側を取り締まることを目的とした法律です。そのため、売春を助長する者に対しては重い罰が設けられています。

いわゆる個人的な援助交際の場合は関係ありませんので省略しますが、管理売春など、売春を強要することは、非常に重い罪になるということを知っておいてください。

援助交際の基礎知識
掲示板への書き込み
有名援交サイト紹介
援交体験談の紹介
援助交際に関する法律

Copyright 援助交際掲示板ガイド All Rights Reserved.