援助交際をする少女たちの家庭

世の中の大半の親は、まさか我が子が援助交際をしているなんて考えもしないでしょう。また仮に子供のそうした行為に薄々ながら気がついていたとしても、信じたくないというのが本音だと思います。ただ未成年で援交をする子の多くは家庭に何かしらの問題を抱えていると言います。

もちろん、全てが親の責任というつもりはありませんが、子供が非行に走るのには親にもある程度は責任があるように感じます。その証拠に出会い系サイトでは家出をしたい少女が、泊めてもらう相手を探す場となっています。ただ泊めてもらうだけでは済まないことは、少女達も分かっているはずですが、それでもなお家出してしまうのは性的関係を強いられてでも家に居たくないからでしょう。