居場所のない子供も行き着く先なのか?

昨今は家に居場所がない子供が増えているそうです。その背景には親との確執があり、寂しいしている子供も多いです。そんな居場所がない子供たちに手を差し伸べているのが、悪い大人たちです。彼らが少女に近づくのは援助交際が目的です。しかし少女から見れば自分を気にかけてくれる大人なので、ダメなことだとは分かっていてもそういう世界に足を踏み入れてしまうのです。
援助交際がなかなか減らない背景には、こうした家族仲の不和も大きく関係しています。少女たちにとって居場所となりえるのが、援助交際を筆頭とした裏社会という現状は悲しいものです。居場所さえあればまっとうに生きることもできるのですから、子供たちの安らぎの場となりえる施設があればいいのになと思います。