安全に援助交際を行うには

援助交際によってトラブルに巻き込まれることを防ぎたいのであれば、個人情報を漏らさないことが大切です。定期的に会う関係になるなど、相手との距離が近づくと気が緩み、気づかない間に個人情報を漏らしてしまうことは少なくありません。紳士的な相手であっても、個人情報を入手したことで、ストーカーのような状態に変わってしまう危険性がないとは言い切れません。

自分では個人情報をしゃべらないようにしていても、スマホの画面や手帳を覗き見されてしまう可能性もあります。こうした危険性を避けるためには、個人情報を守るための対策をしておくことが大切です。住所などが記載されたものを持ち歩かないなど、対策をしっかりとしておくことで、安心して援助交際ができるようになります。