援助交際からセフレってよくあるの?

援交をする女性には、いろいろなタイプがいます。業者に属しているプロ、業者には属していないけれど、個人援交で生活しているセミプロ、暇なときにスポット的にお小遣い稼ぎのために援交する女性、寂しいから援交する女性、誰かに抱かれていないと安心できない女性など、本当にいろいろです。

援交する女性は、もちろんお金のためにするわけですが、それほど単純でもなく、お金のため「だけ」ではない女の人も多いのです。そして、そういった女性は、最初は援交でも次第にセフレ化することもよくあります。

 軽いアルバイト感覚で援交する女性

例えば、軽いお小遣い稼ぎ、アルバイト感覚で援交する女性がいます。そういった女性は、彼氏や旦那がいることも多いのですが、お金をもらうことで「本気の恋愛に発展しない」という安心感、さらには欲求も満たせ、さらにお小遣いももらえる、といくつものメリットを感じているのです。

そのような女性は、何度もあっていると、「今日はお金はいいよ」などと言ってきたりします。セフレ化の始まりです。元々が完全な、100パーセントのビジネスとして援交していたわけではないので、何度もあっているうちに情が移ったりすることもよくあります。

 寂しいから援交する女性

援交している女の子の中には、寂しいから援交をする子もいます。心の穴を埋めたいというか、誰かに抱かれたり、可愛いね言われることで何とも言えない充足感を感じるような子です。

そういった子は、お金も目的の一つなのですが、それ以上に誰かに抱かれていたいのです。そのため、何回か定期的に会っていると、女の子の方から、お金なんかいいから会いたい、と言ってくることもよくあります。

とはいえ、このような女の子は少しメンヘラ気味の子が多いので、深入りは禁物です。

 エッチ自体が好きな女性

援交している女性の中には、エッチ自体が好きな女性もいます。もちろん、いくらお金になるからと言っても嫌で嫌で仕方がないことはほとんどの人はしません。ですから、援交する女性というのは、もともとそれほどエッチが嫌いではない人が多いのです。

その中には、「エッチで欲求不満も解消できて、お金ももらえる!」と考えている人もいます。そういった女性は、人によってはお金を取りますが、気に入った人がいたら自分から連絡して「お金はいいから会おう」と言ってくることもよくあるのです。

 プロ・セミプロは難しい

逆に、セフレ化が難しいのは、やはりプロ、セミプロです。これらの女性はあくまで、「援交は単なるビジネス」と割り切っているので、お金にならないことは絶対にしません。

もちろん、中にはセフレになる子もいるのでしょうが、それはキャバクラ嬢を口説いて彼女にするくらい難しいことです。どちらにせよ、何回もリピートして、セフレにできたらラッキーくらいの気持ちでいた方がいいでしょう。