タイトル画像

援助交際をするリスク

援助交際には、児童売春容疑による逮捕や美人局など、多くのリスクがあります。

援助交際掲示板ガイド

援助交際にはどんなリスクがあるの?

援交で被害に遭うのは女性の方が多いのですが、もちろん男性にも危険はあります。最も多いのは援交した相手が18歳未満の未成年で、児童売春として逮捕されるリスクです。

他にも、美人局に引っかかったり、現金を持ち逃げされるというリスクがあります。

一番のリスクは、児童売春として逮捕されること

まず、絶対に知っておかないといけないことは、18歳未満との援助交際は「児童売春」に当たるということです。この罪は重く、5年以下の懲役または500万円以下の罰金となっています。

もちろん、法的な処罰だけにとどまらず、社会的な制裁をも受けることになります。会社をクビになり、家庭は崩壊し、今まで築き上げてきた人生そのものを棒に振ることになります。

なお、相手が18歳未満の場合はお金のやりとりがなくても青少年保護育成条例で逮捕されます。また、お互いに18歳以上であれば、援交は違法ではありますが罰則はありません。事実上の「おとがめなし」です。

なぜバレてしまうのか?

「援交したってバレなければいいじゃないか」と思う人も多いのではないでしょうか?しかし、残念ながらバレてしまうことも結構あるのです。

良くあるパターンが、相手をした女の子が何かの犯罪に関係したりし、その子の携帯やスマホなどに電話やメールの情報が残っているケースです。特に、毎日繁華街をうろついている様な子の場合は補導される可能性も高く、その際に取り調べで援交が発覚してしまうわけです。児童売春で逮捕されるのはほとんどがこのケースです。

なお、携帯電話のサブアドレスを使っても、Gmailなどのフリーメールを使っても意味はありません。IPアドレスなどから簡単に割り出せてしまうのです。

美人局に遭うリスク

出会い系の掲示板などで条件がまとまり、ホテルへ行って行為を終えると「俺の女になにしやがるんだ!」と男が怒鳴り込んでくる。女性は「レイプされた」といって泣き出す。これが美人局です。

美人局で怖いのは、下手をすると「強姦罪」が成立してしまう点です。合意の上でエッチをしていたはずなのに、コトが終わったら「強姦された」と訴え、お金を恐喝するわけです。

男性側は、「素直にホテルに着いてきた」「女性の方から誘ってきた」と合意があったことを主張しますが、それが事実であると証明することは非常に難しいのです。

美人局の被害を防ぐには、まずメールなどの記録を残しておくこと。妻帯者などはメールを消してしまいがちですが、女性から誘ったりしたメールは大きな証拠になります。もう一つは、女性がホテルなどを指定した場合はそこへは行かないことです。

それ以外の危険

他には、現金の持ち逃げや盗難、恐喝などの危険があります。

盗難に関しては、まずは必要ないクレジットカードや現金などは持って行かない、シャワーを浴びるときは風呂場まで財布を持っていく、ということで防ぐことができます。一緒にシャワーを浴びるのでも大丈夫でしょう。

最近では、恐喝もあるようです。18歳未満の子とエッチをしてしまい、条件通りお金を支払った後に、 「おじさん、援交は犯罪だよ。警察に被害届出すよ。黙っていて欲しかったらあと10万ちょうだい。」というものです。

実際に児童売春をしてしまっているので対処は難しいです。とにかく18歳未満には手を出さないことに限ります。

援助交際の基礎知識
掲示板への書き込み
有名援交サイト紹介
援交体験談の紹介
援助交際に関する法律

Copyright 援助交際掲示板ガイド All Rights Reserved.