タイトル画像

援交で相手とメールのやり取りする際の注意点

実際に会うまで、そして会うことが決まってからのメールのやり取りの注意点。

援助交際掲示板ガイド

援交であっても思いやりは大事

援助交際であっても、メールやLINEのやり取りのマナーというものがあります。男性がお金を払うからといって、偉そうにしたり、高圧的な態度に出たりしないようにしましょう。

特に初めて会う場合、相手の女性はとっても不安です。その不安を取り除いてあげるように、思いやりのあるメールやLINEのやり取りをするようにしましょう。

連絡先交換は約束が決まってから

メールアドレスやLINEのIDは実際に会うことが決まってから、または会ってからにしましょう。女性は初めて会う男性に対しては不安が大きいので、自分の方からアドレスを教えることに抵抗があります。

会うことが決まってから、「自分のアドレスを教えるからそちらに送ってください。」というのがいいでしょう。できればキャリアメールやLINEのIDではなく、gmailなどのフリーメールがいいでしょう。

本アドレスやLINEのIDは実際に会ってから、次にまた会いたい時などに教えあう方がいいと思います。

写メの要求はほどほどに

会う前に写メを送ってもらいたい気持ちはわかります。会ってみたらとんでもないのが来たのでは困りますから。

しかし、女性の立場からしたら、悪用されるのが怖いのであまり写メは送りたくないものなのです。写メを送ってもらおうとするのは構いませんが、一度頼んで断られたら、写メなしでも勇気を出して会うか、他の女性を探すかどちらかにしましょう。

実際に会うことが決まってから写メを送ってもらうのは、女性は嫌がります。写メを見たいなら、会う前の交渉段階で要求しましょう。

約束は当日の方がいい

会う約束をするのは、当日がいいです。前日でもいいですが、間が空いてしまうとお互いに気分が変わる可能性が高くなります。当日に勢いで約束してすぐに会うのがいいと思います。

あと、ドタキャンする人が実は結構多いのです。特にドタキャンする男性が多いそうです。会う約束をして、建物の陰からこっそりと見たりせず、ちゃんと会いましょう。それがマナーです。

会う約束をするまでは、写メを要求したり、条件を交渉したり、押したり引いたりの駆け引きをすべきだとは思いますが、約束をしたらそのあとは、しっかりとマナーを守って、紳士的にふるまうべきです。

援助交際の基礎知識
掲示板への書き込み
有名援交サイト紹介
援助交際に関する法律

Copyright 援助交際掲示板ガイド All Rights Reserved.