未成年相手の援交がバレてしまうその理由

ハッピーメールやPCMAXなどの大手出会い系は、18歳未満の女性は登録できません。そして、アダルトカテゴリの掲示板(いわゆる援交掲示板)などは、年齢認証をパスしないと使うことができません。

年齢認証にはクレジットカードを使うか、免許証などの身分証明書が必要になります。これは出会い系サイト規制法によって法的に定められており、年齢認証がない出会い系サイトは、違法な悪質サイトです。

とはいえ、実際には援デリをはじめとして、個人援交でも出会い系サイトに未成年はいます。年齢認証は、名前や顔などは必要なく、年齢(生年月日)他の部分の画像を送ればいいだけなので、他人の身分証でも簡単にパスできるのです。

そして、もし相手が未成年でも「バレないだろう?」と思っても、なかなかそうはいかないのです。では、いったいどのようにして未成年相手の援交は発覚してしまうのでしょうか?

 未成年との援助交際がバレるケース

いったいどのようにして未成年相手の援交は発覚してしまうのでしょうか?基本的なケースは2つで、1つ目は援デリなどの管理業者が摘発され、そこから芋づる式に相手男性が逮捕されるパターン。2つ目は未成年の子が補導され、その子のスマホなどから関係を持った男性が逮捕されるケースです。

 援デリ業者の摘発から発覚

援デリというのは、一種の管理売春です。出会い系の援交掲示板に素人を装って書き込み、客(男性)が食いついたらそこに未成年を含む女性を派遣します。サイトへの登録なども業者がおこない、年齢認証も済ませます。18歳の身分証を使って18歳としてサイトに登録し、そして未成年を派遣してくるわけです。(プロフの写真はその派遣してくる未成年のもの。)

そして、その業者が摘発された際、関係を持った男性が芋づる式に逮捕されるのです。業者には何歳の子が所属していて誰に派遣されたかという記録がすべて残っていますから。もちろん、(素人女性を装った)業者とのメールもすべて残っています。

 未成年の子の補導から発覚

援助交際をする女の子は、援交以外にも様々な問題を抱えている子が多く、飲酒や喫煙、深夜徘徊などで補導されることもよくあります。また、出会い系サイトではほとんどありませんが、ツイッターなどのSNSでは、サイバー補導によって捕まる未成年も多いです。

不良行為による補導

援助交際をする女の子は、家庭に問題があったり、他人との関係がうまく築けずに問題を起こすことが多くあります。

飲酒や喫煙、万引き、暴力行為、深夜徘徊などで補導さると、その際に警察はスマホの履歴を確認して交友関係などを調べます。そこから援交がバレてしまうというわけです。このような場合は、履歴に残っている男性はみな、芋づる式に逮捕されます。

トラブルによる警察沙汰

援助交際というのは、それ自体がリスクがあるものです。ヤリ逃げ、持ち逃げ、暴力行為などなど。そして、援交相手とトラブルになり、警察沙汰になることもよくあります。すると、警察は未成年少女のスマホ履歴を確認し、そこから過去に関係を持った男性が逮捕されるのです。

相手とのトラブルの他にも、親や友人が警察に相談することもあります。家出して援交している少女などに対しては、まともな親であれば必ず警察に相談します。すると、そこで無事に少女が見つかったとしても、警察による調べが行われて、過去に関係を持った男性が逮捕されるのです。もちろん、家出していなくても、親や友人が「おかしい」と思って警察に相談することはよくあります。

 サイバーパトロールによる補導から発覚

最近では、警察がツイッターなどを巡回し、怪しい書き込みなどをチェックしています。そして未成年少女の援交募集と思われる書き込みに対して、男性客を装ってその少女に会い、補導するということもしています。

その際に、やはり少女のスマホ履歴などが確認され、過去に関係を持った男性が芋づる式に逮捕されるのです。ツイッターには年齢認証もないため、「18歳以上だと思った」という言い訳もまず通用しません。

多くの場合では、逮捕された時点では女の子側が全てを話してしまっています。何月何日にどこで会い、どこのホテルに行き、どんなことをしたのか、どこをどのように触ったか、どんな体位でしたかまで、しっかり書類にまとめられていて、「この子が言っているのは全て嘘です」などとはとても言い逃れできない状態です。もちろん、やり取りの履歴なども、全て証拠として残っています。

とにかく、未成年を相手にした援助交際は絶対にしないこと。それしかありません。