タイトル画像

援助交際掲示板の実態

ネット上には多くの援交掲示板が存在します。その実態を伝えるだけでなく、援交が簡単にできてしまうサイトの情報を提供します。

援助交際掲示板ガイド

援助交際って何?

援助交際は現在でも、普通に出会い系サイトの掲示板で行われています。ネット利用とスマートフォンの普及により、援交が非常に身近になりました。そのため、出会い系サイトの掲示板は現在、援交掲示板とも言える状態になってしまっているのです。

法律上、18歳未満との援助交際は児童売春罪となりますが、18歳以上が相手であれば罰則はなく、逮捕されることはありません。

最近の援助交際の流れ

出会い系サイトが普及する前は、テレクラを使ったり、繁華街で女の子に声をかけるという方法で援交が行われていました。しかし現在ではハッピーメールPCMAXなどの出会い系サイトを使うのが一般的です。出会い系サイトというよりも援交サイトと呼んだ方がいいような状態です。ハッピーメールなどの大手・有名サイトであれば、利用に関しての心配はありません。

なお、「SWEET LINE」などの、メール1通500円以上する悪質業者を紹介しているサイトが多くあります。絶対にそれらのサイトに登録しないようにしてください。知名度が高い大手の有名出会い系サイトを利用するようにしましょう。

大手の出会い系サイトは、女性誌や街頭看板などで積極的に宣伝をしており、若い女性が集まっています。そしてそれらの出会い系の掲示板は、ほぼすべてが援助を募集する書き込みです。「すぐ会いたい」や「大人の掲示板」といった名前の掲示板があり、そこの書き込みはほぼ100%援交募集なのです。

出会い系サイトは年齢認証が必要ですが、18歳未満の子が結構います。他人の免許証などで年齢認証をパスしているのです。出会い系だから18歳未満はいないということはないので、会った時に年齢を確認しましょう。最近ではLINEのID検索が規制された影響もあり、未成年女性の出会い系サイト利用が多くなっているため注意が必要です。

サイト側は、個人同士での援助交際に関して法律的な罰則がないこともあり、実質的に黙認しています。女性は「話わかる人」や「条件あり」のような言葉で書き込み、それを見た男性がメールをして条件のやりとりをするという流れになっています。

18歳未満との援助交際はダメ

最近、LINEのIDを交換する「ID交換掲示板アプリ」が未成年の援交の温床となっていて社会問題になっています。現在ではLINE側が規制をし、18歳未満はLINEのID検索ができなくなりましたが、まだ規制が不十分な部分があります。

そのようなID交換掲示板は、少し前の無料出会い系サイトのような状態で、女性の書き込みに対して50人以上の男性が返信します。そのため、実際に会うのはかなり難しいです。なにより、最近は事件も多いので、警察の監視もかなり厳しく、掲示板アプリで未成年と援交した場合、逮捕される確率が高いです。18歳未満との援助交際は「児童売春」であり、犯罪です。年齢認証のないアプリは「脱法アプリ」であって、リスクが高すぎるので使わないことをおすすめします。

援交自体おすすめできませんが、どうしてもという人は素直に出会い系サイトを使いましょう。安心度が全然違いますし、会うのも全然簡単です。一人と会うのにかかるお金は2〜3百円で、ケチるような金額ではありません。

※当サイトでは援交掲示板の実態や、援交サイトの情報、リスクなどを解説します。決して援助交際をすすめるわけではありません。

援助交際の基礎知識
掲示板への書き込み
援助交際に関する法律

Copyright 援助交際掲示板ガイド All Rights Reserved.
援助交際の実態など、最新の援交事情を紹介します